地盤保証について

住宅を建てる前に気になるのが地盤ですよね。

その地盤の保証について考えてみたいと思います。

新築を建てる際、地盤を調べるのですが、

調べる会社に依頼する事になると思います。

地盤調査依頼は工務店や、ハウスメーカーが

提携している地盤調査会社に依頼してくれます。

その地盤調査会社が地盤を調査して、

地盤報告書と言うものを作成してくれます。

地盤報告書には、その土地の状態や、

数値化した地盤の強度が深さによって表されています。

その数値等を元に、

地盤改良工事が必要だったり、そのままでもOKだったりの判断が出来る訳です。

で、ここが問題なのですが、

地盤調査会社の判断でOKとの判断の場合、

地盤調査会社が保証書を発行しますよね。

はたしてそれで大丈夫なのでしょうか?

調査や、調査報告で判断のプロではあるかもしれませんが、

さらに保険をかける意味で、保証機関に保証をしてもらった方が安心かと思いませんか?

その保証機関とは、大手の会社が何社か出資して出来ている機関になりますので、

万が一、その地盤調査会社が倒産するような事があっても、

保証書が有効になるという訳です。

また地盤改良工事の判定で、地盤改良工事を行っても

保証機構に保証させる方が良いでしょう。

若干費用はかかりますが、その方が賢明な策と言えるでしょう。

気になる費用は、6万~10万円くらいが相場かと思います。

建築の見積もり上安く出ていても、そういった細かい部分で

違う場合がありますので、しっかり見極めたいですね。

また、そういったアドバイスをしてくれる工務店も、お客様思いな工務店と言えると思います。

そんな素敵な工務店に出会えれば良いですね。

 

 

 

工務店向け集客ノウハウ